ビジネスブログ
株式会社ポートサービス
  • 24時間365日受付 045-201-7007
  • 通船・綱取り オンライン予約

Blog

ギャングウェイって何?【船のおしごと】

今日は船で使われる専門用語についてのお話です。
ギャングウェイってなんのことかわかりますか?
船に乗ったことがあるよ!という人の中でも、知らない人が多いのではないでしょうか。

答えはこれ☟
(ギャングウェイの写真差し込み)




ギャングウェイ(gangway)とは、船を乗り降りする際に使用される、船と陸または埠頭の間に渡された踏み板のことをいいます。ギャングというと怖いイメージを持ちますが、ギャングとは船内荷役労働者の最少の作業班のこと。

ギャングは船の種類にもよって異なりますが、8〜22人で構成されています。

語源は諸説あり、オランダ語の「gang =通路」、ドイツ語で「列をなす」、英語で「群れをなす」や「集団」から由来するともいわれています。もともとは船員同士が仲間うちで自分たちを「ギャング」と呼んだことから使われるようになったとも言われています。なんか、かっこいいですよね!

つまり、冒頭で登場したギャングウェイとは、ギャングの通り道。飛行機でいうところのタラップをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。


タラップの形態は、船と岸壁との距離や段差によって様々な種類があります。岸壁と船との距離が近い場合は板状で持ち運び出来るほどのコンパクトなものがありますし、大型船への乗船時など、段差が大きい場合には階段状やエスカレーター式になっているものを使用します。

今回はポートサービスの交通船【】を例にお話します。

(【】のアップ写真)

【】についての説明補足

安全を考慮して歩行面はすべり止めになっており、両縁は踏み外しを防止するための枠がついていることが多いです。

(ギャングウェイアアップ写真)


近年では段差や傾斜を最小限にしたり、車いすの方がそのまま乗り込めるように工夫された簡易エレベータを併設した「バリアフリータラップ」が設置されているフェリー乗り場もあります。




荷役とは※貨物を積んだり降ろしたりすること。また,そうする人。


まとめ

ランウェイを歩くように、さっそうとギャングウェイを降りてみませんか?
これから船に乗船される際は、ぜひ注目してみてくださいね。



出典
港湾 | 港湾用語集 | 海と港のライブラリー | 事業概要 | 国土交通省関東地方整備局 千葉港湾事務所 (mlit.go.jp)

ギャングウェイとは|クルーズ・船用語時点 | 【ホテル人材バンク】 (hoteljinzai.com)

PageTop

Copyright(C) 株式会社ポートサービス All Right Reserved.